FC2ブログ

税理士の農業日記

実家の畑の管理をすることになりました。農作業をポジティブに楽しみたいと思います。
税理士の農業日記 TOP  >  山菜

根伏せのタラの木

今年1月に根伏せをしたタラの木だが、芽は出たが枯れてしまったものが多い。
水はけの良くないことが原因か。

P1020714.jpg
しっかり根付いたものは順調に成長している。

P1020715.jpg
まだ芽が出たばかりのものもある。
順調に育つかどうかはこれから。

葉が千切れているのはヨトウムシにやられたか。

P1020716.jpg
昨年根から芽吹いたタラの木は、1メートル以上に成長している。
スポンサーサイト



[ 2011/06/24 01:24 ] 山菜 | TB(0) | CM(0)

挑戦中のコゴミ栽培

コゴミ(クサソテツ)の葉が伸びてきた。

「コゴミ」に似たものに「ゼンマイ」がある。
ともに若葉にときゼンマイ状に巻いているのが特徴だ。

「ゼンマイ」はぜんまい状の若葉に綿毛が付いているが、「コゴミ」にはそれがない。
見た目以外には、「ゼンマイ」はあくが強いが、「コゴミ」はほとんどアクがない。
それが物足りないという人もいるほどだ。

P1020299.jpg
苗は直径5センチぐらいだったから収穫できるかもしれないが、たった3株しかないから一度に1~2本しか採れない。
今年は我慢して大きくすることにしよう。

P1020300.jpg
コゴミ栽培の課題は、湿気を保つことだという。
自然界では沢の付近や湿地帯に群生していることが多いというが、実家にはそのような場所がない。

半日陰地が適しているようだが、水持ちの良い土壌なら日当たりでもかまわないそうだから(山菜日記)、何とか工夫してみた。

P1020369.jpg
まずは、牛糞堆肥とミズゴケのマルチ。
ミズゴケは知り合いの蘭屋さんから、一度使って処分するものをいただいてきた。
ミズゴケは保水性があるから期待している。

P1020370.jpg
最後に白黒マルチ。
表面が白く暑くならないから黒マルチより良いのではないかと思う。
[ 2011/05/11 20:16 ] 山菜 | TB(0) | CM(0)

根伏せのタラの木

根伏せしたタラの木の芽が出始めた。
半分ぐらいは芽が出たが、まったく芽が出ていないものもある。

P1020294.jpg
芽が出始めたタラの木

P1020295.jpg
こちらも同じく根伏せしたもの
上のものよりかななり大きくなっている。

P1020293.jpg
6メートル、2列の畝にしている。
手前の大きい木は昨年根から芽を伸ばしたもの。

P1020297.jpg
元々あったタラの木は柿の木のすぐ近くまで勢力を伸ばしている。
このままでは柿の木に悪い影響が出るだろうから別の場所に移動しようと思い、今年根伏せをした。
ここのタラの木は全て取り除く予定だが、根伏せのタラの木が順調に育たなかった場合に移植しなければならないので、しばらく様子を見る。
[ 2011/04/29 20:35 ] 山菜 | TB(0) | CM(0)

新芽が出たウド

今年植え替えたウドの芽が出そろっている。

P1020238.jpg
植え替えの際に、ずいぶん根を切ったから痩せている。
今年は芽を採らないで太らせることに専念する。

P1020237.jpg
ウドの全体像。

栽培物でも、葉や茎が緑色のものは「山ウド」と呼ぶそうだ。
白ウドは、日の当たらない地下で株に土を盛り、暗闇の中で栽培しモヤシのように茎を白く伸ばして出荷するそうだ。

とてもそんな設備は出来ないから「山ウド」を栽培することにしよう。
山ウドはややアクが強く、山菜として葉や先端を天ぷらなどにする他、ぬた、茹でたものを酢味噌和え、味噌汁の実とするそうだ。=Wikipediaより
[ 2011/04/22 00:13 ] 山菜 | TB(0) | CM(0)

フキノトウ(蕗の薹)

フキノトウが大きくなったので少し収穫した。

huki11-2-7.jpg
柿の木下のフキ畑
葉は枯れているが、フキノトウは見えている。

huki11-2-5.jpg
蕾が顔を出したフキノトウ
これぐらいの大きさがちょうど食べごろ

huki11-2-6.jpg
少しだけだけど、収穫できた。

天ぷらにすると独特の香りがあって自分は好きだ。
また、味噌汁の香り付けとしてもいける。
[ 2011/02/10 20:40 ] 山菜 | TB(0) | CM(0)

タラの木にカビが

タラの木の切り口にカビが生えてきた。
樹液の多く出た部分に多いようだ。
カビによる害があるのかどうかわからないが、とりあえず除去してみよう。

tara11-2-3.jpg
カビの生えたタラの木。

tara11-2-4.jpg
水を流しながら、古い歯ブラシで擦ってみた。
樹液が固まってしまい、なかなか取れない。

tara11-2-5.jpg
少しはカビが少なくなったが、すべてを取り除くことはできなかった。

樹液が出てきたのを放置していたのがよくなかったか。
次回は樹液がまだ固まらないうちに洗い流すことにしよう。
試行錯誤で失敗が続く。
[ 2011/02/09 19:25 ] 山菜 | TB(0) | CM(0)

タラの木(たらの芽)ふかし栽培~4

事務机の下に敷く一人用の電気カーペットがあったことを思い出して、なかなか芽が伸びてこないタラの木の箱の下に敷くことにした。

tara11-2-6.jpg
一人用の電気カーペット

tara11-2-7.jpg
ビニール袋に電気カーペットをスッポリ包んでトロ箱を置いた植えに段ボール箱をかぶせる。

tara11-2-8.jpg
30分経過後の温度は17度あった。
この状態でしばらく様子を見よう。
[ 2011/02/07 16:10 ] 山菜 | TB(0) | CM(0)

タラの木 ふかし栽培~3

タラの木(たらの芽)のふかし栽培を始めてから1週間あまり。
水が濁ってきたので換えた。

tara11-1-8.jpg
芽が動き始めたとも見えるが、はっきりしない。
やはり、温度が足りないか。

tara11-1-9.jpg
樹液が出ているので水が濁っている。
写っている石は木が倒れないように置いたもの。

tara11-1-10.jpg
水換えの後

なにぶんにも初めてのことだから手探り状態。
[ 2011/01/31 19:49 ] 山菜 | TB(0) | CM(0)

コゴミ(クサソテツ)の植付

ホームセンターでコゴミ(クサソテツ)の苗3株を買ってきた。
数種類の山菜の苗を販売していた。
コゴミのほかには、ウド、アシタバ、行者ニンニクなどがあった。
行者ニンニクにも興味があるが、暖地では難しそうだからパスした。

kogomi11-1-4.jpg
ラベルにあったコゴミの説明。
ゼンマイと同じように展開する前の若葉を食用にするが、アクがなくゼンマイと比べると調理が楽とのこと。

kogomi11-1-1.jpg
植える前のコゴミの苗

kogomi11-1-2.jpg
植えたところ
写真ではよく分からないが、中央に見えるものがコゴミ。

kogomi11-1-5.jpg
水遣りの後、落ち葉や枯れ草でマルチングをした。
[ 2011/01/30 19:35 ] 山菜 | TB(0) | CM(0)

タラの木 ふかし栽培~2

昨日に続いて、タラの木(たらの芽)のふかし栽培。
今日は切ったタラの木の設置。設置といっても、実家の広縁にタラの木を入れたトロ箱を置くだけだけど。

1日経って、タラの木の切り口からかなりの量の樹液が出ていた。
水に浸かっている下からも樹液が出ているだろうと思って、水換えをした。

tara11-1-5.jpg
実家の広縁に置いたトロ箱。
南向きの広縁で、日当たりはすこぶる良く、日中は暖かい。
夜間はかなり冷えるが、わざわざこのためだけに加温のための設備をする気はない。
もう少し暖かくなってからのほうが良いのだろうが、そのころは本業が忙しくなるのでこれに構っていられなくなるのでこの時期に作業した。

tara11-1-6.jpg
トロ箱の下は、ビニールシートで覆ったダンボール。
ビニールシートは水が飛び散ったときのため。

tara11-1-7.jpg
段ボール箱をかぶせる。
芽がある程度伸びるまでは日光を遮断した方が良いと書いたサイトがあったので、こうしてみた。

ふかし栽培は今回が初めてなので予測ができないが、何ごとも経験。
失敗しても食べられないだけだから気が楽。
[ 2011/01/23 19:30 ] 山菜 | TB(0) | CM(0)
CalendArchive
検索フォーム