FC2ブログ

税理士の農業日記

実家の畑の管理をすることになりました。農作業をポジティブに楽しみたいと思います。
税理士の農業日記 TOP  >  その他の果樹

イチジク(無花果)

イチジクの実がついてきた。
イチジクは漢字では「無花果」書く。
花を咲かせずに実をつけるように見えることからそんな名前が付いたようだ。
二つに割ってみると、ブツブツしているものがある。これが花だということだ。

これでどのように種ができるのだろうと疑問に思って調べたところ、「目がテンライブラリー」に解説があった。
イチジクには雄木と雌木があって、イチジクコバチというハチが花粉を運ぶことで受粉し、種子をつくるということだ。
ところが、日本にはイチジクコバチは寒いために生息できず、日本にあるのもイチジクの雌木だけ。
これでけでも実を太らせることが出来、また、さし木でイチジクは増えることが出来るのだそうだ。

P1020478_20110518084842.jpg
混み合った部分を切り取っているぐらいで、しっかりと管理していないから伸び放題のイチジクの木。

P1020476_20110518084842.jpg
こんな実がついている。

P1020477.jpg
かなり太い幹の部分にも。
スポンサーサイト
[ 2011/06/01 19:46 ] その他の果樹 | TB(0) | CM(0)

食べごろ間近のビワ

梅雨に入り、ビワの実が色づいてきた。
もうすぐ食べごろを迎える。

P1020544.jpg
色づいてきたビワの実。
摘果していないから小さな実が多い。

P1020542.jpg
クローズアップ画像。
おいしそうに色づいたが、試食したところまだ酸味が強い。数日後が旬か。

P1020543.jpg
ヒヨドリやムクドリの食材になってしまうから、少しは確保しようとネットをかけた。
あり合わせの材料で一割ぐらいを人間用に。

贅沢にも鳥はちょっとつついては別の実をつつく。
食べ始めたら一個全部を食べてくれ、と言いたい。
[ 2011/05/28 19:29 ] その他の果樹 | TB(0) | CM(0)

咲いた梅の花

梅の花が咲いていた。
実家には2種類の梅の木がある。
品種名は分からないが、小梅と大きい実の梅。

梅の花が咲くと春が近いというが、まだ寒さは続きそう。

ume11-1-5.jpg
花が咲いていたのは小梅の木。
まだ、一分咲きといったところか。

ume11-1-7.jpg
大きい実の梅は、まだこんな状態。
花芽が膨らんできたが、開花はだいぶ先。
この梅が咲くと毎年ウグイスがやってくる。
その時期が待ち遠しい。梅が満開になるころには少しは暖かくなったいることを願う。
[ 2011/01/24 18:56 ] その他の果樹 | TB(0) | CM(0)

庭の梅の木

庭の梅の木の花芽が大きくなってきた。
例年2月中旬には満開になる。

P1010529.jpg
梅ノ木
空に向けて撮ったらシルエットになってしまった。

この木一本で豊作のときには梅干や梅酒を十分に作ることができる。
昨年は不作だったから今年は期待しよう。

P1010530.jpg
花芽が膨らんできた。
花が咲くと毎年ウグイスがやってくるが今年はどうか。

毎年2月中旬には満開に咲く。
[ 2011/01/01 11:38 ] その他の果樹 | TB(0) | CM(0)

春を待つブルーベリー

ブルーベリーは今緑の葉、紅葉しているもの、すっかり葉を落としたものがある。
ブルーベリーは紅葉が美しいが、残念ながら浜松の地ではきれいに紅葉しない。

blueberry10-12-1.jpg
ほとんど葉を落としたブルーベリーの木

スチールパイプをビニールトンネルのように組み立てて鳥よけネットを張ってある。
我が家では植える土地がないので屋上ですべて鉢植え。
鳥よけネットを張る前はもう少しで収穫というところで鳥の食材になっていた。

トンネル内では蜂が来てくれないから、花の時期は外に出さないといけないが、大きいものは鉢ザイズ20号で木の高さ2.5メートルぐらいだから移動に苦労する。

blueberry10-12-2.jpg
枝の先についている花芽。葉芽はもっと細い。
一つの花芽から10輪前後の花をつける。
この木は紅葉が始まっているが鮮やかな色にはならない。

ブルーベリーはツツジ科に属する植物。
あのブルーベリーの実からは、ツツジやサツキの仲間だとは想像できないかもしれないが花はドウダンツツジにそっくり。
紅葉するところもドウダンツツジと同じ。

blueberry-doudan10-12.jpg
左ブルーベリー、右ドウダンツツジ
ともに壷形の花を下向きに咲かせていて、ほとんど区別できないぐらい似ている。
ドウダンツツジの花は白色、赤色、その中間色と変化がある。
いうまでもないが、今この花が咲いているわけではない。

ツツジ科の植物は一般的に酸性土壌を好むが、ブルーベリーは特にその傾向が強い。
PH値4.5から5ぐらいの強酸性の土壌が適しているという。

鉢栽培の場合の大敵はコガネムシの幼虫。
元気がないなと思って鉢土を掘るとコガネムシの幼虫がうようよということがある。
最悪の場合、根をすっかりやられて枯れてしまうことも。
[ 2010/12/28 19:31 ] その他の果樹 | TB(0) | CM(0)
CalendArchive
検索フォーム