FC2ブログ

税理士の農業日記

実家の畑の管理をすることになりました。農作業をポジティブに楽しみたいと思います。
税理士の農業日記 TOP  >  スポンサー広告 >   >  石灰硫黄合剤の散布

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

石灰硫黄合剤の散布

柿の木に石灰硫黄合剤を散布した。

sekkaiiougouzai11-2-1.jpg
石灰硫黄合剤 500ml入り
植物の休眠期である冬に使う農薬。
数年前に購入したもので、容器が変形している。
匂いをかいで見たところ問題ないようだから、これを散布することにする。

sekkaiiougouzai11-2-2.jpg
オールプラスチック製の噴霧器に50倍溶液を入れて散布した。
金属製の噴霧器は腐食することがあるから使わないほうが良いということだ。

sekkaiiougouzai11-2-3.jpg
散布を終えた柿の木
石灰硫黄合剤が乳白色の皮膜を作っている。

sekkaiiougouzai11-2-4.jpg
石灰硫黄合剤が噴霧器の中にのこっていると皮膜を作って故障の原因となるから、食酢を入れてよく洗う。
強いアルカリ性だから酸性の酢で中和されるそうだ。

強烈な硫黄のニオイがするから身体につかないように注意しながら散布した。
[ 2011/02/11 20:28 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

CalendArchive
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。