FC2ブログ

税理士の農業日記

実家の畑の管理をすることになりました。農作業をポジティブに楽しみたいと思います。
税理士の農業日記 TOP  >  スポンサー広告 >  サトイモ(里芋) >  八つ頭と土垂

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

八つ頭と土垂

先週、従来から栽培していた石川早生、赤芽系、タケノコイモを植えつけたが、その後、ホームセンターにサトイモの種芋が販売していたので衝動買いをした。

明日は雨との予報だから、今朝、朝飯前に土垂と八ツ頭を植えつけた。

dodare2304-1.jpg
土垂(どたれ)10球入り。
ご覧のとおり、小さい種芋。
いつも種芋として保存するのは小さなものでも大人の握りこぶしぐらいなので、はなはだ頼りない。
これで正常に成長するのだろうか。ま、ものは試しだ。

yatugasira2304-1.jpg
こちらは八ツ頭3球入りを2袋。
握りこぶしよりも少し小さいが、まあまあの大きさ。

yatugasira2304-2.jpg
熱中ブログさんに「伏せ置き」という方法が紹介されていたので、3球を伏せ置き、残り3球を普通の方法で植えつけた。
左が芽を上に植える一般的な植え方。
右が芽を下向きにに植える「伏せ置き」。
結果はどうなるか、秋までの楽しみがまた増えた。

P1020260.jpg
種芋を50センチ間隔に置き、土をかぶせて株間に肥料を置く。
今回は、在庫が化成肥料だけがったから、とりあえずこれだけを置いた。
手順が逆だけど、堆肥や配合肥料は芽が出てから追肥として与えることにする。
サトイモは生育期間が長いから、これでも良いだろう。

P1020261.jpg
全体を平らになるように土をかける。
作業が終了した後は、どこに植えたのかわからない。
この後、芽が出てから畝上げを2回ほどするつもり。
[ 2011/04/22 20:05 ] サトイモ(里芋) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

CalendArchive
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。