FC2ブログ

税理士の農業日記

実家の畑の管理をすることになりました。農作業をポジティブに楽しみたいと思います。
税理士の農業日記 TOP  >  スポンサー広告 >  農業経営と税金 >  農業経営アドバイザー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

農業経営アドバイザー

「農業経営アドバイザー」という世間にあまり知られていない資格がある。
日本政策金融公庫(旧農林漁業金融公庫)の主催する試験制度で、運営は日本プロ農業総合支援機構が行っている。

日本政策金融公庫から「平成23年度農業経営サポート委嘱事業に係る公募の実施について」という案内が来た。
公庫の委託によって融資先の「経理フォロー」、「財務相談対応」、「経営改善計画作成支援」と「いったことを行うようだ。

ともかく、応募してみた。採用されるかどうか、採用されても依頼があるかどうか、依頼があっても引き受けるかどうかまったくわからないが、応募しなければ全てが始まらない。

経営改善計画といたものを金融機関から求められて、私どもが作成することがある。
書類が整っていれば融資が実行されることが多い。
しかし、期限に追われて経営者が理解しないまま私どもが主導で経営改善計画書作成して当面の融資は通ったが、肝心の経営計画は実行されないままという苦い経験もある。

経営計画は、経営者が理解して前者一丸となってその目標達成のため努力することが大切だ。
経営の基本にPDCAサイクルがある。
 Plan  計画を立てる
 Do   実行する
 Check  評価・検討する
 Action 改善策を講じる
 の繰り返しである。

企業経営は計画を立てることによって、何をすれば良いのかが具体的に見えてくる。
そして、実行する。
結果を検証して、足りないところや方向転換するところがないかを検討する。
第2段階の改善策を立てる。そして実行という繰り返しである。

農業者は、私の父もそうだったが、10年一日のごとく作物をつくり農協や市場へ出荷して終わりという経営を行っている人が多いようだ。農業も一般の企業のように改善策を講じることによって飛躍的に業績が伸びる可能性があると思う。

私は、農業経営サポート委嘱事業の依頼があっても融資を通すためだけの経営改善計画作成は受けるつもりはない。経営者とともに経営改善計画を立案して経営に貢献できるという充実感を求めるから、仕事は大変だが計画の実行検証というところまで関わって行きたいと思っている。
[ 2011/04/23 18:52 ] 農業経営と税金 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

CalendArchive
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。